「SP」最終回

金城一紀が原案・脚本だって、分かっていたのに。
フジの土曜ドラマは、深夜枠だからこそできる内容が多いと思っていたのに。
何度か観て、「あぁ、ハードボイルドしてるなぁ」と感じていたのに。

そして、「この展開だったら、最後はこういう『どんでん返し』があるかもしれない」と予想さえしていた筈なのに・・・。

それでも、1月26日放送のドラマ「SP」最終回のラストシーンに少し驚いてしまったのは、「フジのドラマだし」「岡田准一・真木よう子・堤真一だし」 といった印象と言うか先入観みたいなものが、自分の中にあったのかもしれません。

4月5日に2時間スペシャルで「SP」の続編を放送するようですが、おそらく、これまで脚本に張り巡らせた伏線が明らかになる内容の筈。その前にドラマを一度観ておかないと、楽しみが半減しそうです。スペシャルの放送前に、再放送か総集編をやらないかなぁ?未見で興味のある方は、チェックをお忘れなく。

それにしても、この展開だとスペシャルでも更にどんでん返しがありそうな予感。果たして、最後はハッピーエンドかバッドエンドか、ちょっとワクワクしますね。
[PR]

by hagi_dontaro | 2008-01-27 01:13 | 思うこと
line

徒然日記とかシトロエンC4の話とかオタクネタとか色々。


by hagi_dontaro
line