緑内障

 今年の夏の健康診断結果で、「緑内障の可能性が高いので、精密検査をせよ」というお達しがきました。
 実は昨年度の定期健診でも、「疑いがあるので要精密検査」という結果だったのですが、1年間何もせず放って置いたら、より厳しい結果を書かれてしまいました。(^^;;

 さすがに、「この歳で見えなくなるのはヤバイだろ」と思い、先月ですが近所の眼科で検査を受けました。

 先生曰く、「まだ緑内障とは言い切れないけど、眼圧も強めだし、他の検査結果も気になる点がいくつかあります」とのこと。
 眼球の写真を撮ったのですが、それを見ながら「ここの神経が黒いでしょ?これが死んでいる可能性があります。まぁこれくらいでは、大したことないですが。」
 「視野は狭まっていないし、今は大丈夫ですよ。でも、自覚症状が出た時には、神経の4割が死んでいるから。早めに来て貰って、よかったです」だって・・・脅かさないでよ、もう。

 そして、今日も2回目の検査に言ってきたのですが、今回は眼圧と眼底検査だけやって、あっさり終了。今後も月1回ペースで、検査に通わなくてはならない雰囲気です。

 「医者の商売上手で、毎月来いって言われているのかなぁ?」などと思わなくも無いのですが、「備えあれば憂い無し」とも言いますし、通っておいて損は無いでしょう。

 緑内障という病気は、それほど珍しいものではなく、40歳代以上では3.5%以上(50歳代以上だと6~7%)が罹っているそうです。現在医学では早期発見・治療すれば治るそうで、きちんと検査を受けていれば、必要以上に恐れなくてもよさそうです。

 いずれにせよ、こういう病気になりそうということは、私もそれだけ歳を取ったということですな。ガックリ。
[PR]

by hagi_dontaro | 2007-09-14 21:42 | 思うこと
line

徒然日記とかシトロエンC4の話とかオタクネタとか色々。


by hagi_dontaro
line