PG-12指定?

以前このブログでも取り上げた「仮面ライダー THE NEXT」ですが、PG-12指定になったそうな。

監督曰く「ショッカーのバイオレンス性を押して、逃げずに描写したらPG-12に踏み込んだ」とのこと。公式HPによると、連続殺人が今回の物語の発端になっているようで、その映像表現も少し強烈なのかもしれない。

加えて、仮面ライダーの誕生当初は「怪奇性」も重要な要素だったことから、「THE NEXT」ではホラー映画のテイストも盛り込まれているそうな。これも、PG-12指定になったことと関係ありそうだ。
子どもの頃に見ていた、藤岡弘演じる1号ライダーの前半10話前後までは、確かに怖かった。
蜘蛛男は、どこからとも無く現れ窓越しにじっと中を窺って、人の後方から糸をたらして気がつかないうちに巻きつけ、絞め殺す。こうもり男はそのまんま吸血鬼で、血を吸われた人間も吸血鬼になってしまう。人間を毒で溶かして泡にしてしまうヤツもいたな。
仮面ライダーが「明るいアクション特撮」に変わったのは、「変身!」の掛け声とともに一文字隼人の2号ライダーが現れてから、と記憶している。

ちなみにこの「PG-12指定」、R-15やR-18のように「この年齢未満の人は観てはいけない」という制限でなく、「12歳未満は保護者同伴が望ましい」という意味だそうで。
皆さん、ご覧になる時は親子連れで是非...というのは冗談です。(^^;;

親子で見るなら、8月4日公開の「仮面ライダー電王」の方が、明るく楽しいライダーなのでオススメです。
[PR]

by hagi_dontaro | 2007-07-05 22:49 | 特撮
line

徒然日記とかシトロエンC4の話とかオタクネタとか色々。


by hagi_dontaro
line