ワインは苦手?

土曜日の夜、同僚のIさんご夫妻から、晩御飯にご招待いただいた。
この日は、主にIさんの旦那さんが料理の腕を振るい、野菜を中心にバルサミコ酢を使ってさっぱり仕上げた料理など、美味しくいただいた。

さて、Iさんご夫妻も私に負けず劣らずアルコールがお好きなのだが、Iさん宅でのお酒は主にワイン。シャンパンで乾杯した後、ロゼと赤を2杯ずついただいた。
とても美味しくいただいたのだが、実はワインとの相性はあまり良くないらしく、沢山は飲めないらしい、ということに昨日改めて気がついた。

昨日はワインだけ飲んでいたので気持ちよく酔えたのだけれど、飲んで気分が悪くなるのは大概ワインと他の酒をチャンポンで飲んだ時だ。翌日も体に疲れが残りやすい。これは日本酒も同じ。飲んでいる時は美味しいのだけれど、ちょっと体に残る感じ。
寄ってきた後に飲むjなら、日本の酒なら焼酎、洋物ならウィスキーになるかな?

こうして見ると、ワインや日本酒などの醸造酒はどうも苦手らしい。蒸留酒の方が体にあっているのかな?
・・・あ、でも・・・「ビール」は醸造酒でした(爆)
[PR]

by hagi_dontaro | 2007-06-24 21:10 | 思うこと
line

徒然日記とかシトロエンC4の話とかオタクネタとか色々。


by hagi_dontaro
line